2011年Bs観戦記♯20/~5回の攻防~7月7日イーグルス戦番外編

7月 9, 2011 at 4:41 pm コメントをどうぞ


多くの方が初回の3点で、もう終わったと落胆したはず。なんせ相手は防御率1.08ですから。 2回表は連打され無死で走者1、2塁。松井~聖澤~ルイーズと続く3人をピシャリと爽快と言う形ではなくとも青息吐息?で抑え、3回と4回は6人で今度こそピシャリと抑え(三振が3つ)、立ち直ったのかと期待。そして5回・・・。俯瞰から見下ろす形でしたが、ど真ん中と言うのはすぐに判りました。だからとこの日の田中投手の状態からして、重い1点多くの方が初回の3点で、もう終わったと落胆したはず。

なんせ相手は防御率1.08ですから。

DSCF9882.jpg

2回表は連打され無死で走者1、2塁。

松井~聖澤~ルイーズと続く3人をピシャリと爽快と言う形ではなくとも青息吐息?で抑え、

3回と4回は6人で今度こそピシャリと抑え(三振が3つ)、立ち直ったのかと期待。

S0070139.jpg

そして5回・・・。

DSCF0029.jpg
DSCF0031.jpg
DSCF0032.jpg

俯瞰から見下ろす形でしたが、ど真ん中と言うのはすぐに判りました。

DSCF0039.jpg

だからとこの日の田中投手の状態からして、重い1点とは思えず・・・。

DSCF0042.jpg

勝利の女神は、まだどちらの味方もしていない。

DSCF0047.jpgDSCF0049.jpg

先頭打者、後藤選手が出て、

S0079785.jpgS0089790.jpg
DSCF0059.jpg

T-岡田選手の打球を高須選手がファンブル。

DSCF0052.jpg

勢いはまだついてなくとも、ツキがバファローズ側に?

DSCF0065.jpg

ここですわ。

田口選手のバント失敗。

DSCF0067.jpg

↑ これが勝敗を分けたというか、田口選手に敗因があるようなことを地下鉄の車内で話してる

方が居ましたが、私にはそうは思えず・・・。

この時、直前から後藤選手のリードは明らかに大きかったと記憶してます。

田口選手の視界には、後藤選手の動きがよく判る。

このボールを外したら、後藤選手が牽制アウトの可能性があるとの判断、

それがあの田口選手の強引なバントではなかったのかなと・・・。

そうでないと、あの無理なバントは説明がつかないし・・・。

この後の凸凹な展開も痛かった。

場内が嘆息の状況、続く赤田選手がヒットを打ち、

DSCF9994.jpg
DSCF0070.jpg

バルディリス選手でアウト。

初回の3点以上に鬱積としたストレスが臓腑に蠢くようなものでありました。

ただ、誰々が悪いと貶すのは容易いですし、まぁ、こんな日もあるかなと、

田中投手の不調ぶりが観れて得した気分とノーテンキwww

負けは、どんな形でも負けです。

でも、簡単に点なんて楽々取れない投手から小刻みに取れる

こともあれば、ちょっとした小刻みなミスがえらいことになる、それもまた野球。

改めて、ああ、野球は面白いとなにげに清々しい思いがしたのも事実。

こんな風に考えてる人は少ないでしょうが・・・。

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
人気ブログランキングへ

Original source : http://xfruits.com/aboutgadget/?id=119311&clic=775…

広告

Entry filed under: Uncategorized.

マエケンってば…もぅ…最悪やわぁ…(;一_一) ブルーラベル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


最近の投稿


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。